Tokyo Tokyo FESTIVAL企画をコラボしませんか?

先日Tokyo Tokyo FESTIVAL企画公募の勉強会に、子会社のダイスコネクティングの超腸兆メチャクチャレアカワネームのまるちゃんこと小犬丸伸子副代表に誘われたので、いってきました!(この勉強会は主催者の同意を得てダイスコネクティングが主催しました)

 

まるちゃんは“うんちが大の苦手”なのにもかかわらず、ときどきうんちマンであるぼくに有益な情報を提供してくれる「罪を憎んで人を憎まず」的な崇高なスピリットの持ち主です。

 

ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!」などを開催してきて、今後はフラッシュモブ!含めたうんちマン活動を新ジャンルのアートとして展開していきたいと考えていたので、うんちマンとしては、このTokyo Tokyo FESTIVALに向けた企画をすでに考えはじめています!

 

以下が【概要】なのですが“期待する企画内容”がまさに「ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!」にズバピタではないですか!?(゚∀゚*)ノ

 

 

 

1 対象分野

音楽・演劇・舞踊・美術・写真・文学・メディア芸術(映像、マンガ、アニメ、ゲームなど)・伝統芸能・芸能・生活文化(茶道、華道、書道、食文化など)・ファッション・建築・特定のジャンルにとらわれない芸術活動(複合)等

 

2 期待する企画内容

インパクトある芸術創造  ご存じのとおりうんちヒューマンはインパクト大!

あらゆる人々が参加できる ダイバーシティーですから!

アートの可能性を拡げる  ヒューマンアートとして新ジャンルを開拓!

 

3 事業規模

数百万円から2億円を超えない範囲

※協賛金や自己資金など、他の収入を含めた事業規模の拡大は可能

 

4 実施場所

東京都内

 

5 対象期間

平成31年(2019年)秋から平成32年(2020年)9月までの間に実施・終了する企画

 

6 応募について

個人、グループ、団体・法人(NPO・実行委員会・企業等)

※「国、地方公共団体又は外国政府」もしくは「それらが出資している団体」を除く。ただし、実行委員会の構成団体になることは可能

 

7 応募受付期間

平成30年2月1日(木曜日)から同月28日(水曜日)まで

 

 

 

問題があるとすればテーマとしてのうんちです!

 

世界中から注目を集める、またとない機会を活かし、創造力とチャレンジ精神にあふれた企画を選りすぐり、多くの人々の記憶に残る東京文化プログラムを構築していきます。

 

主催者側としては、せっかっく世界中から注目を集めるTOKYOをうんちのイメージにしたくない!という考えもあると思いますが…、

 

実は過去に、うんちマン出生の元となった~世界のうんちゲーム“プープライド”~の海外展開においてJ-LOPという経産省系の国の補助金に採択された実績もあり、

 

“うんち=マイナスイメージ”

 

というデメリットもありますが、

 

 

“ 他よりも圧倒的に目立つ!”

 

というメリットもあるので、

 

自信を持ちつつ、見せ方を創意工夫して果敢にチャレンジしたいと考えております。

 

さらに、せっかくのチャンスなので、できれば他のアーティストの方やクリエイティブな会社さんともコラボ展開したいと考えています!

 

前向きに検討したいという方や会社さんは、まずはこの『Tokyo Tokyo FESTIVAL企画公募』について詳しく知りたい!とか、うんちマンとはコラボはしたくないけど、公募について知っていることを教えて!いう方でも全然OKです!

 

是非ともお気軽にご連絡お待ちしています(*゚▽゚*)

 

 

 

今日もここまで読んでくださってどうもありがとうございました。

年末でお忙しいと思いますが、みなさんにとって今日もたくさんイイカンジのことがありますように(^∧^)