Halloween 2017

 

2017年10月28日(土)「ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!byうんちヒューマン」は、多くのみなさんのご参加とご協力によって開催され、安全安心なイベントとして実施することができました。

 

昨年の「幸せのハロウィン100人フラッシュモブ!」の動画などを見て『本当は自分も参加したかった!』とぼくに連絡をくれた高野元さんというALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の友人も奥さまや彼をサポートする仲間たちと一緒に無事に参加していただくことができました。

 

 

高野さんのこの一言のおかげで、車イス利用者や難病、希少疾患の当事者の方や子供から老若男女、外国人、LGBTの方まで含めたダイバーシティーな方々に、ハロウィンでのフラッシュモブ!をとおして、安心安全に超腸兆メチャクチャハッピーな歓喜のエネルギー交換をしていただけるように考えました。

 

実現に向けて、主旨に賛同してくださった忙しい方たちに実行委員になっていただき、看護師市民団体PINK CROSSの看護師さんたちに救護班になっていただき、ボランティアスタッフに手伝っていただき、協賛、後援の企業や個人の方にもご支援いただき、最後に100人余りの方々に参加していただいて、無事に実施することができました!

 

 

当日は、2週続けてやってきた台風の影響であいにくの雨だったのですが、事前にその可能性も十分に予測して、下見を重ね、準備をしていたのですが、前々日の最終下見のときに、よりいっそう車イスグループの方々に最短距離で雨に濡れずに地下道に入れるコースに変更し、雨でもある程度快適だったと思います!

 

とはいえ、いくつか残念なことがありました。

 

1.雨天のため、他の仮装者や心にゆとりある人が街中に少なく、歓喜のエネルギー交換があまりできなかった!

※この写真は次回フラッシュモブの調査確認のためにハロウィン当日10月31日(火)に渋谷109前へうんちヒューマン数人でいってきたときの「歓喜のエネルギー交換」の記録です

 

 

2.平昌パラリンピック日本代表選手の上原大祐さんと南雲啓佑さんが、ご都合により途中参加の予定だったが合流がうまくいかず、大変お待たせしてしまった!

※上原さんと南雲さんと出会った後に撮った写真です

次回のフラッシュモブでは、参加者数などより、上記二つの点について、改善できることを大目標にします!さらに企画段階から参加したいというご要望をいただいているALS患者の高野さんにも実行委員会のメンバーなっていただいて、現場をあらためて何度も踏んで、確認、検討、検証をくりかえして、最善の結果を得ることを誓います(`∇´ゞ

 

看護師市民団体PINK CROSSのライター看護師の町田舞さんのブログ

ハロウィン嫌いの心にも響くうんちマンの愛のフラッシュモブ!渋谷でダイバーシティーなハロウィンで社会貢献

【うんちマンと看護師の渋谷掃除】キレイに片付けるまでがハロウィンです。

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の高野元さんのブログ

私がうんちマンになるワケ:10/28開催「ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!by うんちヒューマン」

うんちマンになってきた!

 

参加していただいた方々のSNSへの投稿やメッセージ 

  

ちょっと可笑しいけど、でも実際やってみるととても意味や意義を感じる時間でした。これは、観てる側ではなくやる側にならないとですね!来年ももちろんスケジュールを調整して参加させてください❗❗それに周りの友人たちをうんち化してみようとも思っております(´ー`)

 

自分もまたいろいろな気づきがさらに深まりました!うんちは、無条件幸福ですね!!言葉や国籍、年齢を超えた繋がりを感じました!!

 

患者家族の外出の機会と目的になりそうなイベントだなぁって思いました。

 

 

初参加で少し不安でしたが、皆様が優しく接して下さったお陰でとても楽しい経験ができました☺️感謝申し上げます🙏 正にうんちマンは私を自由にしてくれる、という感覚でした。本当にありがとうございました💞来年は、家族や友人を誘って参加できたらいいなと考えております。その際はまたよろしくお願いします😃✨

 

うんちマンさん、ありがとうございました!! 子供が熱がありテンションイマイチでしたが、 来年は泊りがけで行きたいねと話していました!!  あの見られる感覚、見られてしまう感覚は、新しい感覚でした! 引き続き、活動踏ん張って下さい!

 

 

今年も大好きなうんちマンたちとダイバーシティハロウィンしてきました(^-^)名前の通り、こども、オトナ、元気に歩ける人、車イスの人、すべてインクルージョン!

 

うんちマンのダイバーシティな幸せハロウィンに友人たちと参加しました🎃小さなお子さんや車いすの方とも一緒に歩きました。参加者もすれ違う人も笑顔になる企画で、うんちマンの優しさが伝わってきました。 

 

本当に「ハロウィンに馬鹿騒ぎするやつなんなの…」と思ってましたが見方が変わりました。モラルと責任を持って楽しめる大人は素敵ですね✨

 

「私も参加したかった」それは難病と闘うご友人の一言から始まったそうです…。ハロウィン嫌いの心にも響くうんちマンの愛のフラッシュモブ!渋谷でダイバーシティーなハロウィンで社会貢献 by看護師ジャーナリストライター町田さん

 

うんちマンさん、ありがとうございました!! 子供が熱がありテンションイマイチでしたが、 来年は泊りがけで行きたいねと話していました!!  あの見られる感覚、見られてしまう感覚は、新しい感覚でした! 引き続き、活動踏ん張って下さい!

 

今回のフラッシュモブは、歩ける人だけでなく、車椅子の方も参加できるよう配慮したイベントです。学びが多かったです。実は、そちらに特に力を注いだ、と行っても過言ではないのです。参加の意義は、すべての人が一緒に歩く、思いやり、必要なことに気づくこと。ともに集合、どんどん増えていく、車椅子も上がれるエレベーターを確認、等うんちマンの活躍は目を見張りました。

 

今日は想像以上の一体感味わえました。ハロウィン🎃✖️うんちマン💩✖️渋谷がこれほどまでに人と人をつなぐのは凄い❗️ありがとうございました!