人生を望むように変えたければ

この写真の屋上で毎朝ヨガと瞑想をしていますが、つくづく恵まれていてありがたいと思います。

 

前回のブログで「人生を望むように変えるとは!?」ということについて書きました。

 

では、人生を望むように変えたければ、

なにに重きをおけばば良いのか?

 

・自分を常識から解放してあげる

・すべてを肯定的に受け入れる

・自分の感情に気づく

 

肯定的な表現を好んで使うようにすることも大切です。

 

 

 

・自分を常識から解放してあげる

 

これを普通は「常識にとらわれない」という

常識を否定する文章で表現することが多いですが、

「自分を常識から解放してあげる」

と表現することで記憶に残り

習慣になりやすいと考えています。 

 

これを「ポリアンナ効果」というようです。

 

・ポジティブな感情を伴った記憶ほど思い出し易く、ネガティブな感情を伴った記憶は思い出しにくい。

・一般に人は肯定的な評価を好む。

・(特にマスマーケティングにおいて)否定的評価は肯定的な評価に比べて集まりにくい。

(引用元:wikipedia

 

先日、大企業を辞めて数年の

ご自分の才能と能力を活かして

フリーランスとして生きている方の

お話しをうかがいました。

 

大企業のサラリーマンと

起業家のような人達との

もっとも大きな違いは

 

前者は“べき”、“ねばならない”という

大企業の常識にとらわれて

そのことに気がついてないことだとおっしゃっていました。

 

 

 

・すべてを肯定的に受け入れる

 

そんなこと言ったって

無理だと思う人が多いでしょう。

 

左遷される

会社がつぶれる

収入が減る

軽蔑される

暴力をうける

だまされる

病気になる

事故にあう

愛する人を失う

大地震に被災する

洪水で家が流される

 

どれもかなりイヤなことばかりです。

 

当然、これらのことが

自分の身に降りかかった直後は

ネガティブな感情でいっぱいになるでしょう。

憤り、後悔、喪失感、反省…。

 

人はどんな状況にあっても

生きていくという選択をするならば

幸せでありたいと思うものです。

 

ぼく自身のつたない経験からも

不幸なことがあっても

その事実を受け入れて

とにかく目の前の問題を

ひとつずつできる限り誠実に

前向きに対応をしていけば

それ以上に幸せなことが必ず訪れます!

 

これは多くの困難を乗り越えた人達が

共通に感じていることです。

 

 

 

最後に「自分の感情に気づく」です。

 

自分を常識から解放して

すべてを肯定的に受け入れるためには

今このときの自分の感情に気づくことが大切です。

 

それを

斜め後ろから自分を見る(客観的に自分をみる)

今ココに生きていることに気づく(マインドフルネス)

などと表現することが

多いように思います。

 

人は日常的に多くのことを

覚えていることは難しいです。

 

順番としては

 

1.自分の感情に気づく

2.すべてを肯定的に受け入れる

3.自分を常識から解放してあげる

 

 

このように実践していった方が

習慣化しやすいと思います。

 

イヤなできごとウェルカム\(^▽^)/

その後には必ず良い出来事が

待っています。

 

これは体験的に本当です。

 

【Un大プレ開催】腸育ヨガとunが良くなるワークショップは、

このようなことも

頭だけでなく体感できるような工夫を凝らした

ワークショップです。

 

明日はすでに参加された方の

体験談などもご紹介させていただきます。

…と書かせていただきましたが、

ぼくから見て今日書いたことを

実際に体現されているであろう

素敵な方のことを書かせていただきました!

 

 

 

今日もここまで読んでくださってありがとうございました。

今日からご自分が不快に思ったり

嬉しかったりした感情に

ちょっと気づいてあげるように注意してみてはいかがでしょうか?