枠におさまらない人(^o^)/

昨日のブログでは、株式会社ダイスクリエイティブの社長を退き…、などとカッコ良さげに書いてましたが、事実上は数年前から大したことやってないのです!

 

先月一般社団法人マナビダイスキの登記を済ませました!

 

…で、マナビダイスキでなにをやっていきたいのか!?といえば、

 

「学びの自由化」なのです!

 

じゃあ「学びの自由化」ってなんなの!?と、

 

マナビダイスキ創設メンバーの高橋明子や中里修一等とちょうど良いフレーズを考えたりしているのですが、

 

ぼく的に今朝いまこの時点でしっくりきているのは、

 

いろんな意味で

 

社会の枠に収まらない人が活躍していけるような学びあえる状況をつくることだ!って思いました!

 

学校や会社や社会で、問題児とか変人などといわれている人が

 

これからの社会をイイカンジにしていくセルモーターというか、原動力になると思うのです。

 

問題児 ⇒ 型破りな人

 

変人  ⇒ 才人

 

バカ  ⇒ 天才

 

「問題児」はひとたび脚光を浴びれば「型破りな人」として注目され!

 

「変人」は見方を変えれば「才人」であることも多く!

 

「バカ」「天才」は紙一重ともいいますし、

 

多くの場合「よそ者、若者、ばか者」がイノベーターになることはよく知られています!

 

いままでのやり方を知らない「よそ者」

 

固定観念にとらわれない「若者」

 

枠組みに収まらない「バカ者」

 

こういうダイバーシティな人達が、

 

ゆるく集まりやすく、つながりやすい機会を増やし、

 

違いを指摘し合うよりも、

 

お互いに認め合い、

 

お互いに学び合い、

 

もっとちゃんと世の中の役に立つようにしていきたい!

 

というか、これからの社会をイイカンジに変えていく、

 

枠におさまらない人

 

型にはまらない人

 

変人、問題児、障がいのある方、不登校児、会社や社会に疎外感を感じている人や外国人等、なにをどうしたら良いか分からない人達がもっともっと社会で活躍していけるような、

 

機会や場を提供していくというか一緒に作っていこうという人達とつながりたいと思っています!

 

もちろん、自分はこれらの人達に当てはまらないけれど、共感するという人も大歓迎です!

 

ぼくうんちマンまでご連絡をお待ちしていますし、

 

ぼく自身からもドンドンお声がけをしてまいりますので、まずは話しをきいてもらえると超腸兆嬉しいです(↑∇↑)

 

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

ぼくたち生きとし生けるものにとって今日も超腸兆イイカンジの一日にしましょう(^o^)/