所有せず、定職のない生き方。

昨晩はあっちゃんことレインボウヘアーの石塚集が遊びに来た!

 

なぜレインボウヘアーかというと、会う度毎に髪の毛の色が赤、青、黄色、紫、緑etc.と違うからだ。

 

あっちゃんとは湯川鶴章主催の湯川塾で知り合い、たぶん数年来の付き合いになるが、

 

超くだらない話しを延々とし続けられる希有な友人である!

 

それもシラフで真っ昼間がもっとも調子がいい!

 

これは昨晩も酒を飲みながら合意したことだ。

 

あっちゃんはスーパー頭の回転が速く、超腸兆もの知りで、元々は医療系の編集やライティング、イベント運営などの会社をやっていた。(いまも会社は存続していると思う。ありました!ヘルスバンク株式会社

 

昨日も何やっているの?ときくと、

 

いろんな仕事をしていた。

 

医療系のライター、フォトレタッチ&デザイン、専門学校でUI《User Interface》&UX《User eXperience》を教える先生、広告プランナー、バーテンダーetc.

 

まあいろいろやっててイイじゃん!って感じ!

 

『神保町サロン』という、あっちゃんの興味関心の赴くままをイベント化する多様な学び合いのサロンを主催している。

 

あっちゃんは猛烈な読書家らしく、以前はたくさん本を買って読んでいたらしいが、最近は六本木に『文喫』という入場料1500円を払えば、一日本読み放題という本屋さんができ、そこの品揃えがとてもあっちゃん好みらしく、本も買わなくなったと言っていた。

 

昨日は昼間でもなく、お酒を飲んでしまい、いつものような中身のない話しを延々とはできず、あんがいそれなりに中身のあるというか、

 

うっかりまじめな話しをしてしまった気がする。

 

あっちゃんの奥さんのご両親が元々教員だったということで、あっちゃんの考え方や生き方、レインボウヘアーについて、お父さんはまあ仕方ないな的な感じらしいが、義理のお母さんはかなり許せないらしく、いまだにおとがめを受けるらしい。

 

…とここまで書いて、

 

そういう意味では妻のひだまりの母である義母は、最初はうんちマンであるぼくをいみ嫌っていたらしいけれど、

 

実際に会ったときには『なぁーんだ、あなたあんがいきれいじゃないの!まあそれなら許すわ!』とあんがい寛大であったし、

 

いまだに比較的つきあいの多い母方の親戚も普通に受け入れてくれている。

 

あっちゃんには申し訳ないけれど「オレって恵まれているよなぁ」って思ったのであーる!

 

ぼくやあっちゃんみたいな、いろんな意味で自由な生き方の人が増えてくれることを望んでいるのだ(^∧^)

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

ぼくたち生きとし生けるものにとって今日も感謝できる一日でありますように(*゚▽゚*)

 

少なくともぼくはいまこうして幸せに生きていられることに超腸兆心から感謝しています(^∧^)