出会い、信じ、許し、そして笑い。

ときどき、岩田さんのことを思い出すのですが、

 

今日の深夜のfacebookに武井さんがほぼ日の糸井さんの本『すいません、ほぼ日の経営。』のことを『素敵すぎる』と書いていたので、そこから連想して寝る前に岩田さんのことを思い出しました。

 

岩田さんとは元任天堂の社長で2015年に大変惜しくも亡くなられた岩田聡さんのことです。

 

ほぼ日に岩田さんと糸井さんの対談などのコンテンツがたくさんあってとてもタメになるので、よろしければどうぞヽ(´ー`)ノ

 

 

 

岩田さんは任天堂の社長になる前はハル研究所というゲーム会社の社長で、その前は取締役開発部長で、そのもっと前は学生バイトでハル研のプログラマーだった方です!

 

プログラマーとしても天才と呼ばれていた方でした。

 

岩田さんが亡くなったときには、任天堂の方々は元より、ゲーム業界の多くの方々から、世界中のゲーマーというかゲームを愛する人々から惜しまれ、悔やまれ、残念がられた方でした。

 

 

 

ぼくはうんちマンと名乗っているだけあって、元々かなりUNの良い星の下に生まれているのだと思います!

 

そもそも、美大の大学院ま出て、アートから広告デザイン業界でプランニングやプロデュースの仕事を目指していたのですが、ご縁あってゲーム業界に入るきっかけとなったのは岩田聡さんだったのです。

 

その後、岩田さんと10年くらい、とくに後半5年間はみっちりとお仕事をご一緒させていただいたというか、結果的に振り返るとぼくの仕事の師匠的な存在だった方でした。

 

ぼくはただ本当にラッキーなだけで、岩田さんと出会い、岩田さんに紹介されて糸井さんともお仕事をご一緒させていただき、その後、カドカワの角川歴彦さんとも出会いetc.と、ほぼラッキーなだけと言っても過言ではない人生を歩んできている気がします。

 

 

 

うんちマンになってからも、とても多くの素晴らしい方々と出会いが、いまのぼくを形作っていると思います。

 

素敵な出会いは日頃の自分の生き方が大きく影響します!

 

自分自身がどういう存在であるかによって、自分の友達や知り合いが決まり、またその友達や知り合いが、人を紹介してくれたり、偶然一緒になったりすることが多いです。

 

うんちマンとして生きていると得することもたくさんありますが、自分ではあまり気づいていませんが、損していることもたくさんあると思うのです。

 

まあ、あまりに目立ちすぎるので絡みにくいですし、人に紹介することを躊躇される方もいらっしゃると思います!

 

ぼくが「この人は凄いなぁ!」と思っている方ほどいろんな素敵な方を紹介してくださったり、

 

勇気を持って素敵な機会を提供してくださったりします!

 

タイトルに書きましたが、「出会い」、「信じ」、「許し」、そして「笑い」があれば、人生ものすごく楽しく生きていけると確信しています!

 

 

 

今日もとりとめのない文章になってしまいましたが、ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

ぼくたち人間は、出会い、信じ、許し、そして笑いのある人生を歩んでいきたいものですね(v^ー゚)