UNよく五体満足・不自由なし

世の中良いことも悪いこともあるし、

イイカンジの人も悪い感じの人もいる。

 

まあそういうもんだと思う。

 

ある人にとってはイイカンジの人も

別の人にとっては

イヤナカンジの人だってこともあると思う。

 

それは割合だったりするのだろうか!?

善悪ってなんだろう!?

って思う。

 

 

 

ぼくも奥さんや家族や友達をけなされたり、

ましてや危害を加えられたり、

殺されたりしたら、

もうメチャクチャ腹立つと思うし、

あり得ないって思うだろう。

 

でもそれは宇宙からみたら

超腸兆メチャクチャちっぽけな、

米粒よりケシ粒より、

細菌やウィルスよりも、

小さいぼくの感情だし、

多くの人にとっては、

どうってことないことなんだろうとも

思うんだ。

 

 

イヤなことはあってもあたりまえ、

イヤなことがあって、

その直後は立ち直れないくらい

落ち込んだりすると思うけど、

それでも、

ちゃんと前を向いて生きて行ける人に

なりたいと思う。

 

 

 

友人には、

 

5年前に急にALSという病気になって

いまは口頭で話すこともできないけど

パソコンの視線入力で会話をして

毎日チャレンジして

生きている友人もいます。

 

1年365日激痛にさいなまれている

希少疾患の友人もいて、

痛すぎてときどき死にたくなるらしいけど、

それでも10日に1日くらい

痛みがほんの少しだけ

やわらぐときがあるらしく、

そういうときに

熱心に社会貢献活動をしていたりします。

 

またある日突然なんの前ぶれもなく、

奥さんとこどもを失った友人もいますが、

思い出して辛いときもあるみたいだけど、

踏ん張って生きています!

 

ぼくの奥さんだって

緑内障でいつかは失明しちゃうかもしれないけど、

笑顔でいつも明るいです!

 

 

とはいえ、辛くて辛くて

我慢できないときだって

あると思います。 

 

 

そういうとき人は生きているだけで、

その存在があるだけでいいのだと思います。

そしてそう思ってくれる人がそばにいれば、

幸せですよね。

 

 

ぼくはうん良く五体満足で

多少の困難はあったとしても、

なに不自由なく生きていられるので、

ぼくがやりたくて、

ぼくにしかできなくて、

そういう人たちの

ていうか半径2メートルの人たちの

役に立てそうなことを

やっているつもりだし、

やっていければ

素敵だなって思っています。

 

ありがたくも、

そんな毎日を送っています!

 

 

「ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!byうんちヒューマン」もその象徴的なイベントのひとつだと思っています。

 

 

 

いつも読んでくれてどうもありがとうございます!

今日も最高の一日になりますように(≧∀≦)