パラディスでDDL佐多さんと対談!

先日、電通ダイバーシティラボ(以下DDL)さんのパラディスという会議で、

DDLを主宰されている佐多直厚さん(写真左端)とうんちマンや

うんちマンの活動について対談をさせていただきました。

 

佐多さんは東北の被災地ボランティアにも熱心な方で、

被災地でも“うんちマンレスキュー”としてボランティア活動をされ、

現地の方からもボランティア仲間からも

とても喜ばれたそうです。

 

ダイバーシティということで、

DDLは

年齢、障害(身体的・知的・精神的障害)、性別、性的指向、国籍、人種、民族、宗教、文化、さらに多世代など多様な違いをもつ人達が、

自分達の特長を生かして、

自分達の好きな仕事をして、

継続的にビジネスにしていけるようにすることを、

大切にしているときいています。

 

DDLのパラディスには、

重光さんという希少疾患の脊髄液減少症患者の友達に誘われて、

参加するようになったのですが、

主催の佐多さんとも意気投合してしまい、

ほぼ毎回参加させていただいています。

 

参加者も障害者の方、

障害者向けの仕事をされている方、

障害者向けのボランディアをされている方、

ダイバーシティというテーマに興味のある方、

海外の方、

そして、

ぼくのような変な人は珍しいかもしれませんね(^0^;)

 

DDLのパラディスご参加の方々には、

今年10月28日(土)の

「ダイバーシティな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!」には

団体割引でご参加いただけるようにするつもりです。

 

他にも団体割引のご要望があれば、

お気軽にご相談いただければ嬉しいです。

 

なお、今回の対談はYahoo!ニュースに掲載される予定ですヽ(´―`)ノ

ありがたいことです(-人-)