アウトプットは最高の学びだ!

ヨガでは息は吐いてから吸うことを教えられます。

 

新しいものを得るためには、古いものを捨ててからでないと得られないといいます。

 

では、なぜアウトプットは最高の学びになるのか!?

 

 

 

良質なアウトプットを出すには…、

 

ひとつひとつのアウトプットの質よりも、とにかく量や数を出すことに注力しようといわれますよね!

 

それは、アウトプットする過程で小さな失敗をたくさんするからです。

 

アウトプットを出せばなんらかフィードバックがかえってくるので、

 

それがインプットになり、

 

足りない知識や情報をインプットしようという気持ちが高まります!

 

その気持ちがセルモーター(エンジンを始動させるためのモーター)となり上昇スパイラルが動き出し、

 

さらに魅力的なアウトプットをだせるようになり、

 

そのスパイラルを動かすパワーとして仲間や支援者が引き寄せられ、

 

なにかを成すことができるようになります!

 

 

 

このときに大切になるのがアウトプットを出した人とそのまわりの人たちとのコミュニケーションです!

 

そのコミュニケーションの質が高ければ上昇スパイラルが生まれやすくなりますが、悪ければ下降スパイラルになってしまうこともあります!

 

よく褒められるとやる気がでやすいといわれますが、

 

褒められてばかりいると、褒められることに慣れてしまい、褒められないとやる気がでなくなるといわれます!

 

褒めるよりも、認めること、共感することが大切だと思います。

 

 

「わたしは、あなたがよく頑張ったことを知っている!認めている!」

 

「わたしは、あなたがしたことを素晴らしいと思った!共感した!」

 

 

こういうコミュニケーションができる仲間や友達、上司や指導者がいれば、できれば、自然と上昇スパイラルが生まれてくるのだと思います。

 

 

また、相手が手痛い失敗をして辛いときには、

 

「わたしは、あなたを信じている!だからこの失敗を糧に成長できると信じている!」

 

という気持ちを持ちを伝えてあげることがもっとも大切だと思っています!

 

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

ぼくたち人間にとって今日もたくさんアウトプットできますように(*゚▽゚*)

 

P.S.

では今日もせたコンでアウトプットしてきます(^-^)/

世田谷以外の人も参加できますので、是非どうぞ(^▽^)/~

モアおバカだった若い頃

うんちマンです!いつもありがとうございます。

ぼくはいまもかなりバカだという自覚はありますが、若い頃の大バカな出来事を思い出しました!

 

昨日、炎天下の中を高校生くらいの男子が両手放しでスマホで誰かと話しながら自転車にのっているのを見て、ああバカだなぁ急にクルマとか出てきたら事故っちゃうぞ!と思っていたら…、

 

ぼくが大学生の頃に、超腸兆メチャクチャケタ外れにバカなことをやって、事故った過去を思い出し、まあ自分よりはマシだなと思い直しました(^0^;)

 

 

 

ぼくは大学生の頃に某高校で宿直のアルバイトをしていたのですが、

 

その高校は高台にあって長~くて見晴らしのいい坂の上に立っていました!

 

土日の勤務もあって、ある晴れた気持ちの良い午後にその長~くて見晴らしのいい坂の上から自転車で下っていたのですが、あまりにも気持ちが良かったので、

 

両手を離して大きく手を広げつつ空を見上げておお!気持ち良いなぁ\(^0^)/と思っていたら、

 

気がついたら目の前が壁で坂下の壁に激突してしまいました(゚◇゚)ガーン

 

不幸中の幸いにして廃屋のような工場のトタンでできた壁だったので、トタンの壁が衝撃を吸収してくれたみたいで、命に別状はありませんでしたし、骨などは折りませんでしたが(^0^;)

 

眉毛の上やほっぺたにもトタンの角が刺ささって、それなりの怪我をしました!眉毛の上の傷跡は未だに残っています!

 

坂下はT字路で正面はトタンの壁だったから良かったようなものの、そこにクルマが走ってきたりしていたら、どうなっていたかわかりません。

 

とにかく、子どもの頃から、大人になっても、人の言うことはきかないし、調子にのりやすく、一歩間違えれば大惨事というような事故を繰り返していたように思います。

 

 

 

それが、なんということでしょう!?

 

うんちマンになってからは調子にのらなく(のれなく)なったような気がします。

 

日頃から多くのみなさんに喜ばれて大変にありがたいのですが、

 

職質にはたまに遭います。

 

なにこの人!?(゚o゚; なんだこいつ!?(゜Д゜)的な目で見られることはしょっちゅうです。

 

 

中の上くらいのレストランではうんち帽を脱いでくれと言われることがあるので、念のためにたいがいのお店に入店する前には、自らお店の方にこのカッコウで大丈夫ですか?と確認をさせていただくようにしています。

 

 

なので、おかげさまで以前にくらべると客観的に自分や自分のまわりのことを観察できるようになったと思っています。

 

多くの方々から本当によくご心配をいただき、いつもありがたいと思っていますが、毎日も猛暑の中でのうんちマン活動は超腸兆メチャクチャ暑いです。

 

とはいえ、こういうことのためにもうんちマンとして生きている意味を見いだしているうんちマンであります!

 

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

ぼくたち人間にとって(とくに自分)今日も調子にのならい一日でありますように(^∧^)

高校生から学ぶぼくたち大人

昨日は午後にせたコン第2回定例会のリハーサルを行いました!

 

ぼく含めて4組のプレゼンターが参加したのですが、

 

もっとも完成度が高く魅力的だったのが高校生の翔君のプレゼンだったと思います!

 

 

プレゼンタイトルは、

『大人も子どもも日本や世界で活躍している人と出会い一緒に学んでいくコミュニティを作りたい!』

 

彼はリハーサルに参加するためにわざわざ栃木県から学校を休んで来てくれました!

 

もちろん親御さんも公認だときいています!

 

 

バスケが好きでバスケ部にいたそうですが、彼が思うに顧問の先生が理不尽な指導を行うので、そのことについて顧問の先生と直接話し合ったけれど、改善が見込めなかったので退部したそうです。
>翔君ここの表現まずかったら教えてね!修正します!

 

いまは起業をしようと起業するための勉強をしているそうです!

 

そんな中で彼が大切に思っていることは『何をするかではなく、だれとするか』だということです!

 

 

これって実に大切なことなんですよね!

 

大人達はついつい「何をするか」に注力しすぎて、

 

共通点よりも相違点にこだわりすぎたり、

 

金欲だけでなく自己顕示欲の皮がつっぱりすぎて、仲間とケンカして仲たがいしてしまったりすることが少なくないと思います!

 

ぼく自身の人生もそういうことが多々ありました!

 

もう高校生でそんなことまでわかっているなんて、スゴすぎというか、人としてのレベルが高すぎてリスペクトしちゃいますよね!?

 

彼がやりたいことは、ありがたくもぼくら「学び2.0」プロジェクトとも通底する考えも多く、コラボはもちろん歓迎だし、むしろ「学び2.0」プロジェクトに参加してもらいたいくらいです。

 

「学び2.0」とは!?

 

●いろいろな学び方から選ぶ、組み合わせる

●大人も子どもも、学び合い、教え合う

●家族で、仲間で、共に学ぶ

 

これってひとことでいうと

 

「学びの自由化」

 

だと思う!

 

“自由な学び”を担保するしくみを提供したい!

 

ということで「学び2.0」プロジェクトを推進していること自体がとても大きな学びであり、感謝なのであります!

 

あさっての「せたコン第2回定例会」までに高校生も大人も各自プレゼンテーションをブラッシュアップして、素敵なプレゼンテーションをしますので、

 

世田谷に直接関係ない人たちのご参加もお待ちしています(^▽^)/~

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

ぼくたち大人にとって今日も素直に学べますように(*゚▽゚*)

“イラチャン”で進化する人類?!

毎日生きていて、人とコミュニケーションしたり、仕事をしていたりすると、イラッとすることってありますよね!?

 

ぼくはこれぞ“イラチャン”だと思っています!

 

つまりイラッ!ときたら、おお!チャーンス到来!だと思って、とにかく落ち着く、深呼吸する、絶対にすぐに反応しない!

 

不自然でも口角を上げてニコニコした顔をしながら、

 

イラついている自分を斜め上の方から観察するつもりで心の中で状況を解説して、自分も含めた関係者にとって、どうしたらこの状況をチャンスにつなげられるのかを考えようと努力します!

 

そうすると、いつもではないのですが、

 

日頃は思いつかないような良いアイデアとか解決策がパッと思い浮かんだりするのです!

 

これはもうイライラを我慢して“観察=愛”を実行したご褒美なのかもしれないと思います。

 

 

 

以前のブログでも書かせていただいた『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』の著書であるケリー・マクゴニガルさんもこんなことをおっしゃっています!

 

イライラ=ストレスというのは、自分の大切なものが脅かされている状態で、だからこそ、いまここに集中してね!という脳や体からのシグナルなのだそうです!

 

イライラと正面から向き合い、イライラを感じていることを“観察=愛”ある視点で捉え、イライラを味方してやろうと思えば、むしろイライラは良い結果をもたらす。という研究結果があるそうなのです(゚∀゚*)ノ

 

 

 

えー、それから、ぼくはブログというモノはまさに自分の思考や発想の備忘録のためにもつけているのです!

 

自分でいうのもかなりおこがましいですが、以前からぼくはときどき『良いこといいますね!』と言われます!

 

…で、以前よく会っていた人に「良いこといいますねぇ!」と言ったら、

 

なんとそれは、以前ぼくからきいた話しだと言うのです!?

 

自分でいった良いこと!?さえも忘れてしまううんちマンなのです!

 

高齢の母から若年性認知症じゃないかとうたがわれるくらいよく忘れます!

 

ほら、その証拠にもう最初に書いていた“イラチャン”のことを忘れて違う話題になってますよねヽ(´ー`)ノ

 

 

 

さらに、ときどき書いているように、うんちマンとして生きていると、それ以前では体験できないハッピーな体験もたくさんしますが、これって味方によっては人種差別ならぬ衣服差別!?という扱いをされることがあります。

 

まあうんちなので不愉快に感じだり、驚いたりされる方もいるので、先方からすれば大多数の方に配慮した当然の対応なのだと思います。

 

日本で日本人としてフツーに生きいれば差別されることなんて滅多にないと思うのですが、ときどき差別されることを体験できるのは、自然に謙虚に生きられることにもつながって、ありがたいことだと思ってます。

 

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

ぼくたちロクでもないけど(これはとくにぼくね!)希望ももてる人間にとって今日も多くの学びがありますように(*゚▽゚*)

お互いに助言しあえる素晴らしさ!

今週末の7月21日(土)にせたコン第2回定例会世田谷ものづくり学校で行います!

 

プレ開催含めてこれで3回目となります!

 

せたコンとはカマコンの世田谷版です!

 

カマコンとは『この街を熱くしたい人を、全力支援します。』という集まりです!

 

【開催概要】

1.毎月カマコンメンバーや興味のある知り合いが集まって定例会を行います。

 

2.3~5人くらいが鎌倉を熱くするためのプロジェクトプランを5分間でプレゼンテーションします。

 

3.参加者はそれぞれのプレゼンを受けて興味のあるプランのブレスト(ブレインストーミング:アイデア出し会議)に参加。

 

4.ブレストでたくさんでたアイデアからひとつに絞り込み発表!

 

5.アイデアの実現を「ジブンゴト」として手伝いたい人は申し出て実際にプロジェクトに参加して実現する!

 

 

ぼくは若い頃はなにか素晴らしいことの模倣をすることや、お手本どおりになにかをすることにあまり価値を見いだしていませんでした。

 

がしかし、とかなんとかいいつつも、素晴らしい人や作品や製品などにもの凄くインスパイアされてしまう自分がいました!

 

もうどうしようもなく素敵に思えてマネしたくなってしまうのですが、それは恥ずべきことだと勝手に思い込み、身もだえしつつも自問自答を繰り返していました。

 

 

 

カマコン活動を友人が一所懸命にやっているのに興味を持ち、なんどか参加させていただく内に、自分でもプレゼンテーションをしてみたくなったので、参加させていただきました!

 

『踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損』という阿波踊りの歌詞がありますが、どうせ参加するなら、自分もやりたいことを提案し、応援される側になりたいと思ったのです。

 

 

プレゼンターになってもっとも素晴らしいと思ったのが、本番の1週間くらい前にプレゼンター参加必須のリハーサルです。

 

プレゼンターどうしやカマコンメンバーの方が自分のプレゼンにアドバイスをしてくださるのです!

 

 

 

その際に、まず人のプレゼンの素晴らしいと思ったところを見いだします!

 

ここで大切なのが、本当に共感し素晴らしいと思える点を見いだせる感受性です。

 

さらに、それをいかに相手に伝えるかという表現力です。

 

大して素晴らしいと思ってもいないのにうわべだけで褒めても相手に伝わりません!

 

むしろ『この人はうわべだけで褒めているんだな』とかえってモチベーションダウンしてしまいかねません。

 

 

その為には本当に親身になって相手のプレゼンを受け止める気持ちが重要です。

 

褒める、評価するということそのものに賛否はありますが、

 

プレゼンした本人に期待したり、共感した気持ちを示すことが大切だと思っています!

 

そういう気持ちを示したあとで、

 

プレゼンした本人が本当にやりたいことや伝えたいことはなんなのか!?

 

来場者に問いかけたいことはなんなのか!?

 

その上で、こういう表現を加えると、差し引くと、より伝わりやすくなるかもしれないとか、

 

より意図が明快になるかもしれない的な助言をお互いにし合えるとても貴重な場なのです。

 

 

ぼくが初めてこのリハーサルを経験したときに、これこそ本当の学びの場だと思いました!

 

なので、カマコンの世田谷版であるせたコンを開催したいと思ったのです。

 

徹底的にパクって進化(TTPS)させようと思ったのです!

 

今週末の「せたコン第2回定例会」では4組のプレゼンターがプレゼンします!

 

ご興味があればまずどんなものだか参加して、その次はプレゼンターになってみてください!

 

見える景色が変わることをお約束します!

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

ぼくたち人間にとって模倣し進化させることが自然の流れなのですねヽ(´ー`)ノ