せたコンやってきて良かった!来年もっとやります!

昨日は第3土曜日だったので15時から「せたコン第7回定例会 with 駒澤大学」を開催しました!

 

25人くらいの老若男女が集まりました!

 

いつものように子ども達も下は年少の保育園児から小学生、中学生までと

 

さらに駒大の学生さんにもプレゼンしていただきました!

 

思春期中学生には顔だしNGの男子がいたり、

 

うんちマンと仲良しの伶旺君はクッパの着ぐるみを着てご機嫌だし、

 

せたコン名物!子どもがマイクを取り上げてイタズラに大声をだして騒ぐし、

 

黒板消しのチョークの掃除機はむやみにスイッチを入れられたりしています!

 

そういう喧騒の中、

 

大人や学生がまじめにプレゼンをして、

 

子ども達もプレゼンがはじまるとあんがい静かに聴いていたりします!

 

 

 

昨日はぼくもプレゼンをさせてもらったので、

 

武井浩三さんと溜 香世子さんに掛け合い司会をお願いしたのですが、

 

カマコンメンバーでもある武井さんからはカマコンの裏話的なお話しもきけたり、

 

二人のナチュラルトークが心地よく議事を進行してくれて、

 

とってもおだやかで心地よい雰囲気のせたコンになったと思います。

 

武井さん、溜さん、どうもありがとうございました。

 

 

 

さらに嬉しかったのは、

 

佐藤潤子さんの小五の息子のリヒト君がなんだかとってもせたコンを気に入ってくれたようで、

 

進んで参加したいと昨日も参加してくれて、

 

その上、プレゼンをしたいということなのです!

 

とはいえ、まだプレゼンしたい内容は決まっていないらしいので、

 

ここはリヒト君に寄り添い伴奏しながら、彼の中の意欲をむりなくカタチにしていくお手伝いができればと、密かに思っているのであります。

 

 

 

来年は、より積極的に参加して欲しい人や会社や組織や団体などに、こちらから参加して欲しいことを伝えに呼びかけに出向いたり、

 

駒澤大学のようにコラボ開催(第1回定例会には保坂区長も参加してくれたので、世田谷区役所とのコラの開催なんかもしてみたい)を呼びかけたり、

 

WEBサイトを立ち上げたりしていきたいと思います!

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

せたコンは、個人的な困りごとをプレゼンしてみんなで解決するイベントです。世田谷区以外の人でも全然参加OKなので、ご参加をお待ちしています。

 

次回は1月19日(土)の夕方開催予定です!

 

P.S.

懇親会では武井さんとこういうのは継続することに意味がありますよね!意気投合しました!

 

懇親会の手配をしてくれた喜安さんもありがとうございました。

 

最後に駒澤大学の長山先生!お忙しい中ご尽力どうもありがとうございました。

昨日のうんちマンのワークショップ!

昨日はふた月ぶりの久々のうんちマンのワークショップでした!

 

いつもはだいたい初対面の知らない方々どうし参加者の方々が多いのですが、

 

今回は珍しくとても親しくしている友人や知り合いどうしの参加者の方が多く、

 

そういう意味では「ジブ知る」に必須な“自己開示”がちゃんとできるかちょっと懸念はあったのですが、

 

案ずるより産むが易し!という感じで、

 

みなさん非常にセンシティブな内容について、淡々と過去を振り返ったり、現在進行形のことについて自己開示をしていただくことができたと思います。

 

 

 

とくにある参加者の方は参加を決めたときから、

 

「自己開示は苦手」

 

「知っている参加者ばかりならドタキャンするかも」

 

などと発言されていたこともあったので、

 

いつも以上に“場”と“体”から心身のリラックスを心がけ、

 

いつもは参加者の方を優先してぼく自身は必要性を感じないかぎりはあまり自己開示をしないのですが、

 

今回はまずぼく自身から自己開示をしました。

 

 

 

コミュニケーションには返報性の原理というものがあり、

 

いつもはしないのですがとぼくが自己開示をしたことによって、

 

参加者のみなさんも自己開示がしやすくなるようにも心がけたつもりです。

 

 

 

とはいえ、昨日は約2時間のショートバージョンで「ジブ知る」の入口を駆け抜けた感じでしたから、

 

そこを入口として、より深い自分に到達してもらい、

 

さらにそこから未来の自分の道しるべを見いだしていけるような連続ワークショップや

 

ロングバージョンのワークショップにも参加していただきたいと考えています。

 

 

 

さらに親しい友人参加者からは貴重なアドバイスをもらうこともできました!

 

昨日の参加者のうちあっこちゃんこと高橋明子さんとシュウちゃんこと中里修一さんとは、

 

来年から本格的に一般社団法人マナビダイスキを立ち上げて、

 

学びの自由化を実現するための事業を立ち上げてまいりますので、よろしくお願いできれば幸いです。

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

P.S.

昨日のぼくの若い頃のやらかし事件を書いたブログはとても人気があったようです(^^ゞ あんがい笑えるみたいですから暇つぶしにでもどうぞヽ(´ー`)ノ

おとうさん、おじょうさんにぼくをください!

昨日の「ほぼ日」の糸井さんのエッセイみたいな「今日のダーリン」に、

 

『おじょうさん、ぼくにおとうさんをください』というジョークを交えて、

 

結婚のお許しを彼女の父親にもらいにいくときの話しがかかれていました。

 

ということで、さらに間違えてみたのですが、

 

思わず、ずいぶん前の自分のときの大変失礼で迷惑なエピソードを思い出してしまいました…。

 

 

 

当時、20代の終わりの頃はぼくはまだデザイナー的なことをしていました。

 

悪友の友だち達としょっちゅう飲み歩いてすぐ脱いで〇ン〇ンは出すし、

 

最後は夜中に友達の家を急襲するという大変迷惑な行動をときどきしていました。

 

 

 

 

その頃のぼくは恋愛関係含めていちじるしく素行が悪く、

 

いつも連れてる女子が違うとかいわれていて(これぞ!という女性と巡り逢いたいがばかりに、確かにいろんな方とお付き合いをさせていただいておりました(^0^;))

 

結果的に“サイテー男”と呼ばれていて、

 

たまたま、今は妻のひだまりの妹の友達の友達のお嬢さまと付き合っていたことがあって、

 

恐らく悪い噂を耳にしたのでしょう。

 

『おねーちゃん、やっぱり小関君は考え直した方がいいんじゃない』

 

とか、

 

ひだまりとは共通の友達も多く、

 

女友達からは『コセキのどこが良いの!?やめといた方が良いよ!』

 

とか

 

男友達からも『あいつら結婚してもぜってーすぐ別れるぜ!』

 

などと噂されていたのでありました!

 

 

 

お義父さんとはお目にかかったこともあり、許してもらえるだろうとは思っていたのですが、

 

妻のひだまりの実家に結婚のお許しをいただきに行く前の日が、

 

ちょうど友達の新築の家で新年会&新築祝いみたいなことがあり、

 

たぶん20人くらいで宴会をやっていた記憶があります。

 

 

 

さすがに緊張していたのでしょう!

 

いつも以上に素行がひどくなり、

 

ヘラヘラしながら遊びに来ていたアメリカ人の上に乗っかってぎっくり腰にさせてしまったり、

 

友達のズボンを脱がせてマヨネーズをオシリに突っ込んだり、

 

あげくのはてには、友達の新築の家の真っ白い壁にマヨネーズを塗りたくるという悪行を犯してしまったのでありました。

 

当時はご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした<(_ _)>

 

 

 

波瀾万丈、紆余曲折ありましたが、ひだまりのおかげで離婚することもなく、幸せな結婚生活を送っております。

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

みなさんにとっても今日もたくさん幸せなことがありますように(*゚▽゚*)

うんちマンのワークショップに興味のある方

ぼくはときどきワークショップを開催しています。

 

ワークショップの内容を考えるのは大好きだし、開催するのも好きなのですが、

 

ありがたいことに、たいがい満席になるので、周知することにあまり熱心でありません(^^ゞ

 

月に一度くらいやろうと思っていますが、タイミングが合わずになかなかできないときもあります。

 

なので不定期開催です。

 

 

さらに、参加された方おひとりひとりとちゃんと向き合いたいので定員4人の少人数で開催しています!

 

ですから、ありがたいことに『参加したいけど都合が悪いので、次の開催が決まったら教えてください』

 

というご要望も少なくないのですが、

 

ぼくがそういう方々にお知らせするのをつい失念してしまったりするのです。

 

本当に申し訳ありません<(_ _)>

 

 

 

ということで、うんちマンのワークショップに、

 

参加したいけどなかなか都合が合わない方

 

普通にイベントの「興味あり」をポチったことがある方

 

参加して良かったので、また参加したい方

 

がワークショップの情報を得やすいように

 

さらに

 

ぼく自身が参加したい方を認識しやすく情報を提供しやすいように

 

「うんちマンのワークショップに興味のある人のグループ」というfacebookグループをつくりました(^-^)/

 

ご興味のある方は是非グループに入っていただければありがたいです。

 

 

 

うんちマンのワークショップはそのときどきでさまざまなテーマで行っていますが、

 

以下、過去のワークショップのテーマをピックアップしてみました!

 

心のバグの直し方

 

~先入観を手放して本質を見きわめる! ~名刺を超える人間力とは!?~

 

価値を高めるエゴの手放し方

 

翌日から確実に生きていることが楽しくなる!

 

 

〇〇になってやりがいもお金も大丈夫な自分になる!

 

困っても困らない自分になる!

 

【満員御礼!!】“〇〇になれば必要なお金は必ず入る!

 

…とこれ以外にもいろいろありましたが、

 

ベースにあるテーマは「自分を知る」=「ジブ知る」です。

 

 

なにかをはじめる。

 

なにか困りごとを解決する。

 

なにかを実現する。

 

にも「ジブ知る」ことが大切だと思っています。

 

 

 

内と外から「ジブ知る」を行いつつ、

 

アクションを起こす!

 

さらに定期的に「ジブ知る」を深めるのが吉!だと考えています。

 

いつ出入りは自由ですので、ご興味のある方は気軽にコチラをのぞいてみてくださいねヽ(´ー`)ノ

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

寒い日々が続いていますが、年末で忙しいときほど自分を大切にする時間をとりたいですね。

 

ハバナイスデー(^▽^)/~

我が気に入らぬことが、我ためになるものなり。

肥前佐賀藩の藩祖、鍋島直茂の名言です。

 

以前は会社の自分の机の脇にこの名言を貼っていました。

 

貼っていたのにもかかわらず、自分の気に入らないことから学べていなかったのだと思います。

 

「自分の気に入らないこと」とはなんでしょう!?

 

なにかが、誰かが自分の思うようになってくれないことが多いのだと思います。

 

子ども、親、などの家族。

 

上司、部下、同僚、教師、教え子、友人、知り合いなどの他人ではあるけれど近しい関係の人たち。

 

見ず知らずの他人だけれど、主義主張が異なるために自分に危害を加えたり、妨害をする人や団体など…。

 

 

 

生きていれば、このように自分の気に入らないことは大なり小なりありますよね。

 

ここからなにが学べるのか?なのですよね!?

 

少し前に書かせていただきましたが、

 

敬服する由佐 美加子さんからうかがったことはとても尊いと思っています。

 

自分と異なる考えや意見の人が発していたり、書いたりしている言葉や感情や考えのその奧にある

 

「なにを大切にしているのか?」が重要なのだと思います。

 

仮にそれがどんなに理不尽な要求であったとしても、

 

ある人や団体が仮に自分とはまったく相容れない考えであったとしても、

 

それぞれが持っている心の奥底の大切に大事にしていることにはわかりあえることがあると思っています。

 

 

 

今日もここまで読んでくださって本当にありがとうございました。

 

毎日が学びであることを気づかされる日々であります。