U理論の中土井僚さんもうんちマンに変身!?

最近はU理論をご存じの方も少なくないと思います!

中土井僚さんは日本でもっとも踏ん張っているU理論のエバンジェリストだと思います!

日頃は親しみをこめて“僚さん”と呼ばせていただいています。

 

僚さんからも「ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!byうんちヒューマン」に参加したい!!

とのご要望をいただいたいたのですが、

10月28日(土)にすでにお仕事が入っていて参加できない(>_<)

それでも応援してくださるとのことで、

 僚さんも満面の笑顔でうんちマンになって写真を撮っていただきましたぁ\(^▽^)/

 

これはもう超腸兆メチャクチャありがたやの大明神でありますO(-人-)O

 

 

 

U理論の本には『U理論―過去や偏見にとらわれず、本当に必要な「変化」を生み出す技術』と書いてあります。

 

『過去や偏見にとらわれずに』(U理論)

「うんちを好きになることでいつのまにか身につけてしまった既成概念や固定観念という鎧から解放させ」(UN理論)

 

『本当に必要な「変化」を生み出す技術』(U理論)

「否定したくなるような物事も、いったんは受け入れ、創意工夫による代案を提案できるようにする実践的な理論」(UN理論)

 

大変勝手ながら、共似性(←これカッコつけの造語です(^^ゞ)があるように思っています!

 

 

 

さらに「ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!byうんちヒューマン」の参加について、

 

楽しそうだし参加してみたいけど、

 

体型丸見えで恥ずかしいし、

なんかみんなで同じ格好するのは制服みたいでイヤだし、

うんちマンの子分になるみたいな感じもなんかイヤかも…。

 

参加したら楽しいだろうと思うし、

一体感もあるだろうし、

自分の在り方もパワーアップすると思う。

 

ぼくは、このような感じで迷っている人たちへ、

 

「UNの谷をくだって ↓ のぼって ↑ 参加する!とハッキリ決めたらスッキリ晴れて超腸兆イイカンジ!ハッピー\(^▽^)/」

 

みたいなことを軽々しくいっているのですが、

これも『Uを下る、Uの谷、Uを上る』からインスパイアされているワケであります(`∇´ゞ

 

 

 

つまり、自尊心の高い人たちにとっては、

このうんちヒューマン(最近LGBT問題もあるので総称としてはこう呼んでいます)って存在自体が、

うんちマンが考えたことで自分で考えたものでもないし、セルフアイデンティティを失うような気がする人もいるようなのです。

 

昨年「幸せのハロウィン100人フラッシュモブ!」に参加した友人はこんな感想をくれました!

 

『アイデンティティが剥ぎ取られる、みな同化して溶けだす様な体験。不思議でした。』

 

これこそが、ダイバーシティ(多様で個性的)な人たちが、

この日だけはインクルージョン(一体となる)して、

「なぁーんだ、ぼくたち人間は1人から生まれてみんなつながっているんだ!」って感じられることだと思っています。

 

 

これは正直“後付け”です(^0^;)

 

 

 実は最初からこんなことを考えていたわけじゃなく、

おととし5人で始めたきっかけは、昔からの珍友が『ぼくもうんちマンになってみたい!』というので、

じゃあもうすぐハロウィンだし、ほかの友達もさそって渋谷でやってみよう!ということになり、

5人+5人のサポーターくらいで渋谷の街に出てみたら、

 

すぐにニコ動の取材は来るし、

一緒に写真撮って!とひっきりなしにせがまれるし、

街中の人からメチャクチャ喜ばれたので、

翌年に100人でやってみたらさらに盛り上がったので、

じゃあ今年は1000人ねヽー`) ということになったのです。

 

その上、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の友人からハロウィンが終わった後に、

 

『本当は自分も参加したかったというメッセージをもらったので、

 

自分が好きではじめた「ハロウィンフラッシュモブ!」が、そのような重い病気で苦しんでいる人たちの励みにもなるのか!?

じゃあ、もっと多様な人々の生きる励みになるようなイベントにしたいと思い、

ダイバーシティなイベントにすることにしたのです!

 

 

うんちヒューマンはプロポーションは全身丸わかりだし、顔は見えているから誰だか認識できるし、もうなんともいいあんばいに、絶妙に恥ずかしくできています!

 

顔は仮面をつければ誰だかわからなくなりますが、自尊心の高い人たちは『仮面をつけないと参加できないような自分はあり得ない!』って思うのかもしれません。

 

女子の場合、腰回りにパレオとかスコートとかチュチュと付けるアレンジは自由でむしろいろんなアイデアで楽しんで欲しいくらいです。

 

 

さらに、うんちヒューマンになるかならないかは、ぼくが熱烈オススメしているだけで、それは本当に人それぞれ好き好きなのです!

ただ多くの人に幸せになって欲しい!多少なりともお役に立ちたい!という勝手ながらのおせっかいな想いだけなのです!

 

 

いずれにしても器の大きさと懐の深さと腸内環境の良さで!?、

うんちマンを受け入れて、熱烈応援してくれている僚さんに心から感謝感激です(≧∀≦)

 

「ありがとうございます。とっても嬉しいです(^-^)/」

さらに、U理論系ではおなじみのくらちゃんこと倉田 晋司さんも、

ふるちぇんこと理想を追求する男古江強さんも、

この撮影のときに僚さんと一緒にいた、

こんちゃんことイケメン&ナイスガイの近藤近藤さんも、

フラダンスをはじめたよーこちゃんこと國料洋子さんも、

いつでもうんちヒューマンになるといって応援してくれました(^-^)/

 

本当にぼくはありがたいことに『U』だけでなく『N』がついていると思いました(^0^;)

 

 

長くなりましたが、今日もここまで読んでくださってありがとうございました。 

今日も最高の一日になりますように(≧∀≦)

 

ダイバーシティーな幸せのハロウィン1000人フラッシュモブ!について詳しくはコチラ